CHAGE and ASKA(CHAGE&ASKA)さんのファンページ。コンサート・ライブレポートや日記、掲示板など。最新レポートは、alive in liveです。
c-a.yukari-park.net




CHAGE&ASKA


CHAGE and ASKA Concert 2007 alive in live 11/17上海からスタート!
参加→福岡、代々木
行ってきました。上海公演。

参加してきました!
(セットリストなど書いていますので、見たくない!という方はクリックしないでください〜。)

12/1(Sat) CHAGE and ASKA Concert 2007 alive in live inマリンメッセ福岡

11/17(Sat) CHAGE and ASKA Concert 2007 alive in live in上海大舞台

11/1(Thu) 服部良一生誕100周年コンサート in東京国際フォーラム

6/23(Sat) CHAGE and ASKA Concert tour DOUBLE W  in福岡サンパレスホテル&ホール

5/7(Mon) CHAGE and ASKA Concert tour DOUBLE W in倉敷市民会館

4/28(Sat) CHAGE and ASKA Concert tour DOUBLE W in香川県県民ホール・グランドホール

12/23(Sat) Point Green Live 2006 in国立代々木競技場 第一体育館

3/3(Fri) My Game is ASKA ASKA Concert Tour 05>>06 in日本武道館

2/9(Thu) My Game is ASKA ASKA Concert Tour 05>>06 in福岡サンパレス

1/12(Thu) My Game is ASKA ASKA Concert Tour 05>>06 in倉敷市民会館

11/17(Thu) ASKA Symphonic Concert 2005 featuring Takayuki Hattori

10/22(Sat) Zepp大阪 ファンクラブイベント CHAGE博2005

2004年12月19日(日)CHAGE and ASKA コンサートツアー two-five ツアーファイナルレポート

Photo 写真

上海大舞台
2007/11/17撮影


CHAGEandASKA おんがく   CHAGEandASKA Live
CHAGE and ASKA、CHAGE、ASKA、
MULTIMAXなどの楽曲を紹介。
「独り言」と思ってください。

  今までに参加したライブのレポートなどをご紹介します。(注:ネタバレありです!)
いままでに参加したライブ一覧をアップしています。
     
CHAGEandASKA 日記   CHAGEandASKA BBS
CHAGE and ASKAさんに関する日記を、綴っています。
個人的な日記ですが・・・。

  掲示板です。
お気軽にどうぞ。



ここから下は、最新のライブレポートです。

ネタバレあります。


CHAGE and ASKA Concert 2007 alive in live
平成19年12月1日(土) マリンメッセ福岡 START17:00

公演時間---
17:10〜19:25 約2時間15分

ツアートラックは、お二人の写真なのでぼかしいれました。
だいじょうぶかな・・・。

alive in liveツアートラック マリンメッセ福岡セットリスト−−−

  1. if
  2. 天気予報の恋人
  3. river
    MC
  4. Here&There
  5. 好きになる
  6. パラシュートの部屋で
    MC
  7. 紫陽花と向日葵
  8. 僕はこの瞳で嘘をつく
  9. HANG UP THE PHONE
    MC
  10. 終章
  11. Man and Woman
    MC
  12. YAH YAH YAH
  13. One Day
  14. higher ground
  15. RED HILL
  16. NとLの野球帽
  17. ロケットの樹の下で
  18. (世界にMerry X'mas)
  19. (SAY YES)

() はアンコール。

ライブ−−−
スタンドBの2列目でした。ものすごい人が入ってて、1万数千人はいたんじゃないかと。
今回は、センターステージ。会場に入るとスモークがたかれていて、ライブだぁ〜と雰囲気に酔いました。
アリーナの席数がけっこう少なくって、自分の前は8列くらいしかなかったです。

チャイムが鳴って、暗くなりました。

CHAGEさん、ASKAさん、メンバーが花道から登場です。
私の位置は、最初ステージの裏側。でも、お二人はぐるっとステージ上を歩いて手を振ってくれました。

1.if
ASKAさんの声でスタート。
響き渡っていました。
後姿の二人も素敵です。

2.天気予報の恋人
ステージが回転して、ちょっと正面が見えてきた〜!!!
遠いようで、結構近い。肉眼でしっかりお二人が見えました。
かっこよかぁ〜。

歌が終わって、CHAGE〜、ASKA〜と声援が送られます。
するとASKAさんが「まだしゃべらない」と。(笑)

3.river

MC
恒例の「ただいま〜」「おかえり〜」がありました。
Cさん「今日は12月1日、ツアー初日、1がたくさん並んでいいね。しかも地元」と。
alive in live は、DOUBLEとは違うよというお話もありました。
「回ってるから」とステージのことを。笑いが起こります。
ステージ1周するとなにか変わってますか?みたいな話のとき、ASKAさんは目を閉じて歌うから、急に目の前が変わってびっくりするみたいなことをおっしゃってました。

4.Here&There
照明がものすごくきれいでした。
うっとりという感じです。

5.好きになる
二人の声が、重なり合ってすごかったです。鳥肌立ちました。
呼吸をするのがためらわれるくらい、会場がシーンとしていました。
聞き入ってしまいます。

6.パラシュートの部屋で

MC
Cさん「楽しんでますか?気持ちいいですか?」というようなことを会場に向けて言っていたら、Aさんが「気持ちいい」と答えます。Aさん「パラシュートはいいね〜」。
そして、CHAGEさんからASKAさんは小島よしおにハマっているとのこと。ASKAさんが「ウェ〜」とまねをします。

7.紫陽花と向日葵
スクリーンには、お二人の映像と絡めて紫陽花と向日葵が写っていました。

8.僕はこの瞳で嘘をつく
アレンジがかっこいいですよね。

9.HANG UP THE PHONE
同じく、かっこいい。

MC(ここでのMCだったか微妙ですが・・・)
「シャンパンかワインを飲みながら」とCHAGEさん。でも、会場の反応を見て、「芋焼酎(いもじょうちゅう)でよか!」と。九州弁はいいですね。お二人の場合は、博多弁ですかね?

10.終章
すばらしいの一言だよなぁ〜。

11.Man and Woman
アレンジよかったです。
途中から立ち上がって歌い始めたASKAさん。気持ちいいのかなぁ〜?

MC
Cさん「今日は立たないって言ってたのに」と、ASKAさんにつっこみ。
Aさん「『今だっ』て聞こえた」「だれかに呼ばれて」と答えます。真ん中に立って歌おうかとも思ったそうです。
「そのまま座れなくなっちゃった」とASKAさん。
CHAGEさんは、大ウケでした。立ったときに、「ぶーっ」と吹き出したくなったそうです。

終章は19歳のときに作ったという話。
「あのときは変だった」的な発言をするCHAGEさん。「バカばい。」ともおっしゃっていたような。

そして、メンバー紹介。
旭さんに、「法事の帰りか?」とつっこむCHAGEさん。
ストリングスの女性を紹介するときは、まちぶせを歌われた三木聖子に名前が似てる?からか、
お二人で「好きだったのよあなた〜 胸の奥でずーっと〜」と歌われていました。

12.YAH YAH YAH
上海では総立ちになったのですが、遠慮気味というか拳すらあげていいのかわからず・・・な会場の雰囲気になっていました。
サビではやっぱり盛り上がって、いい感じでした。メンバーさんたちも拳をあげていました。

13.One Day
席を立ちたくなってしまいますね。

14.higher ground

15.RED HILL
かっこいい〜〜〜。とっても渋いし、響いてくるし、照明もよかったです。

16.NとLの野球帽
名曲ですよね。
地元で聞くと、その良さがさらに感じられます。

17.ロケットの樹の下で
壮大な感じでした。
予断ですけど・・・この歌、難しいですね。カラオケで歌えない(><)
それをすばらしく歌っちゃうお二人は、改めてすごいなと思いました。。。

MC
ASKAさん、ラストの曲前にしゃべりわすれちゃったんでしょうかね?
そのままアンコールに流れました。
ラスト前に話される予定だったこと?話されていましたが、「そんなの関係ねぇ〜」が出ちゃって・・・。
Aさん「世界がひとつになれる日」みたいなことをおっしゃって、その日にぴったりのあったかい曲が僕たちにもあります。「知っている方がいたら・・・」、「僕たちに歌わせてください」

18.(世界にMerry X'mas)
照明が緑と赤になって、クリスマスな感じです。
いいですね〜。
12月1日にもうクリスマスの歌か〜。じゃあ、24日はもっとすごいイベントがあるのかしら・・・と期待してみる。

19.SAY YES
いいライブだったなぁ〜って、振り返っていました。

ラストは、全方向に挨拶に来てくれました。
ずーっと「ウィ〜」をしているASKAさんでした。

CHAGEさんもASKAさんも、とっても楽しそうでいいライブでした。
アコースティックライブもずっと続けてほしいなと思います。今度は、芋焼酎・・・いやシャンパンやワインを片手にライブってのはいかがですか?

ステージは本人たちの目線で言うと、左回り2周、右回り2周でした。

グッズ販売−−−

14時からの販売で、13時30分ごろ会場に到着しました。すでに、100mくらいの列でした。
実際に販売が始まったのは、14時10分。20分くらいで、購入ができました。

ギャラリー−−−

写真展がありました。CHAGEさんの撮影したものと、カメラマンさんが撮影したもの。
ライブ前に見たほうがいいと思います。福岡では、時間がたつにつれて、グッズ販売よりも人が並んでいました。見た後は、ステッカーがもらえました。

更新履歴--
平成19年12月11日(火)ver.3
平成19年12月7日(金)ver.2
平成19年12月4日(火)ver.1



CHAGEandASKA Concert 2007 alive in live
平成19年11月17日(土) 上海大舞台 START19:30

セットリスト−−−

  1. if
  2. 天気予報の恋人
    MC
  3. Here&There
  4. 好きになる
  5. パラシュートの部屋で
    MC
  6. 紫陽花と向日葵
  7. 僕はこの瞳で嘘をつく
  8. HANG UP THE PHONE
    MC
  9. 終章(エピローグ)
  10. Man and Woman
  11. 男と女
  12. 何日君再来
    MC、メンバー紹介
  13. YAH YAH YAH
  14. One Day
  15. the corner
  16. higher ground
  17. RED HILL
  18. NとLの野球帽
    MC
  19. ロケットの樹の下で
  20. (はじまりはいつも雨)
  21. (SAY YES)

() はアンコール。

おまけ−−−

上海まで、行っちゃいました!
ファンクラブのツアーです。一人で参加してきたのですが、行ってよかった。
ほんとに、よいライブでした。

グッズとして、Tシャツと、パンフを売っていました。
これが、その写真。
Tシャツ写真1Tシャツ写真2
ツアー参加者には、ネームタグ?がついていました。

更新履歴--
平成19年11月21日(水)ver.2




CHAGE and ASKA Concert tour DOUBLE W
平成19年6月23日(土) 福岡サンパレスホテル&ホール START18:00
セットリスト−−−

  1. 恋人はワイン色
  2. 僕はMusic
  3. ボクラのカケラ
  4. パパラッチはどっち
  5. 風のライオン
  6. ベンチ
  7. No Doubt
  8. 地球生まれの宇宙人
  9. Here&There
  10. crossroad 〜いまを生きる僕を〜
  11. 熱い想い
  12. PRIDE
  13. 明け方の君
  14. Wasting Time
  15. 夢の番人
  16. GUYS
  17. Sea of Gray
  18. YAH YAH YAH
  19. can do now
  20. Man and Woman
  21. (SAY YES)

ツアートラック サンパレス裏にてライブ前−−−
今回のライブも、福岡ははずせない!ってことで、行ってきました。
なんと、人生初、お二人の会場入り待ちをしてみました〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
13時15分頃、会場裏に到着。すでに、何人かの方が待たれていました。いやー、ライブが始まる前のような緊張感が、自分の中にこみ上げてきました(笑)

係の人が入り口に出てきました。
あ、いよいよ、お二人が到着するのかなぁ・・・。ドキドキ。

そして、CHAGEさんが先に。(たぶん)
というのが、車のスモークで全然見えない!!!!!手を振ってみる。
入り口のすぐ横に車をつけて、あっという間に会場へ入っていかれた様子。
影・形すら見えませんでした。(×_×)

次に、ASKAさん。(たぶん)
やはりスモークでよく分からないですが、手を振ってみる。
周りの方曰く、「手を振ってくれた」とのことです。髪型がASKAさんで、サングラスをかけていたそうです。
私には、やっぱり全然分からなかったです。(×_×)

写真は、ホール裏に止めてあったツアートラック。普段1台だけ止めてあるのは見ますが、ここには3台ならんでいました。連なって走っていたら、かっこいいだろうなぁ〜。

その後は、開場前販売の列に並び、ピック、その他をゲットです。


(曲順やMCについて、順序が異なる場合があるかもしれません・・・ご了承ください。)


ライブ−−−
1階11列目の、ASKAさん側でした。

18時10分、スタート。
20時50分、終了。



更新履歴--
平成19年6月27日(水)ver.1


CHAGE and ASKA Concert tour DOUBLE W
平成19年5月7日(月) 倉敷市民会館 START18:30
セットリスト−−−

  1. 恋人はワイン色
  2. 僕はMusic
  3. ボクラのカケラ
  4. パパラッチはどっち
  5. 風のライオン
  6. ベンチ
  7. No Doubt
  8. 地球生まれの宇宙人
  9. Here & There
  10. crossroad 〜いまを生きる僕を〜
  11. 熱い想い
  12. PRIDE
  13. 明け方の君
  14. Wasting Time
  15. 夢の番人
  16. GUYS
  17. Sea of Gray
  18. YAH YAH YAH
  19. can do now
  20. Man and Woman
  21. (SAY YES)

ライブ前−−−
ツアートラック写真at倉敷市民会館前今回は、開場前販売に行こう!と決めて、会社を早退しました。うぷぷ。
16時からだったのですが、10分くらい前に到着。すでに、40〜50人の方が待っていました。16時に販売がスタートし、10分くらいで自分の番になりました。もちろん、会場限定のピックを購入しました!使いたいけど、使えない〜〜〜。
それから、開場まで時間がありましたので、美観地区をうろうろ。きっとCHAGEさんもここで写真をとっているんだろうなぁ〜と感慨にふける。(笑)今日は、もともと天気が悪いといっていたのですが、2日前くらいから晴れますと。ほんとにいいお天気で、気持ちが良かったです。さすが、晴れ男のお二人。


(曲順やMCについて、順序が異なる場合があるかもしれません・・・ご了承ください。)


ライブ−−−
今回は、ファンクラブでゲットしたチケットです。
1階13列目の、ASKAさん側でした。

18時45分、スタート。

オープニングムービー
やっぱり、幕があがる前はドキドキの最高潮。
うっすらと目をこらしたら、CHAGEさんらしき人が見えたような(思いこみ?)

1.恋人はワイン色
あぁ〜、やっぱり1階は近いよ。もう、メロメロです。

2.僕はMusic
ここ最近、私のツボ曲。ライブ前から、きっと聞けるだろうなという勝手な想像をしていましたが、やっぱり聞けた!

3.ボクラのカケラ

MC
ASKAさんのトーク。

4.パパラッチはどっち

5.風のライオン

6.ベンチ
歌詞がとってもいいですよね。
ほんわか〜な気分になりました。

MC
そして、誕生日の話題。
ゲイリー・クーパーさん (1901年生まれの方です)。ASKAさんは、知り合いだそう(笑)。
萩本欽一さん。
そして、〜さん。(名前を忘れてしまいました)会場内が誰だ?という空気になったとき、CHAGEさんから澤近さんの妹だと紹介。


21時22分、終了。



更新履歴--
平成19年5月8日(火)ver.1
平成19年6月15日(金)ver.1.2

CHAGE and ASKA Concert tour DOUBLE W
平成19年4月28日(土) 香川県県民ホール・グランドホール START18:00
セットリスト−−−

  1. 恋人はワイン色
  2. 僕はMusic
  3. ボクラのカケラ
  4. パパラッチはどっち
  5. 風のライオン
  6. ベンチ
  7. No Doubt
  8. 地球生まれの宇宙人
  9. Here & There
  10. crossroad 〜いまを生きる僕を〜
  11. 熱い想い
  12. PRIDE
  13. 明け方の君
  14. Wasting Time
  15. 夢の番人
  16. GUYS
  17. Sea of Gray
  18. YAH YAH YAH
  19. can do now
  20. Man and Woman
  21. (SAY YES)


(曲順やMCについて、順序が異なる場合があるかもしれません・・・ご了承ください。)


ライブ−−−
今回は、ぴあでゲットしたチケットです。
3階席の、ASKAさん側でした。

18時8分、スタート。
いつもと違う音が鳴り響きます。

オープニングムービー
ストーリーものではなく、生のお二人が登場。細かい動きがとってもおもしろいです。
自分的には、ストーリー物大好きです。
いよいよ二人が登場するまえ、スクリーンの後ろにうっすらと人影。えぇ〜!CHAGEさんかしら???と思っていたのですが、じっさいは、バンドメンバーでした(笑)。お二人は、ぎりぎりまで、見えないようにしているのかなぁ〜。そういう裏舞台って、見てみたいなぁ。
そして、お二人登場!

1.恋人はワイン色
その曲ですかあぁ〜、って思いました。
一気に盛り上がります。
周りの皆さんが座っていたので、自分も座ったまま鑑賞しました。むかしCHAGEさんが、「隣の人とか気にしてたら損だよ」、みたいなこと言っていたなぁと思い出しつつ。
CHAGEさんとASKAさんの立ち位置が変わっていたりしました。

2.僕はMusic
ここ最近、私のツボ曲。ライブ前から、きっと聞けるだろうなという勝手な想像をしていましたが、やっぱり聞けた!

3.ボクラのカケラ

MC
ASKAさんのトーク。

4.パパラッチはどっち

5.風のライオン

6.ベンチ
歌詞がとってもいいですよね。
ほんわか〜な気分になりました。

MC
着席になります。
CHAGEさん、ASKAさんも座ります。
ここで、今日は何の日みたいなコーナーへ。
誕生日の人で、グレート小鹿さんという方に異常な反応をするASKAさん。
Aさん 「小鹿というわりに大きいんだよね」 「この話すると長いよ」
それを見ていたCHAGEさんも、大ウケ。
今日は香川中がグレート小鹿で盛り上がるという話になりました。

ツアーを終えたら、アコースティックライブをするお話へ。
ASKAさんがまだ決まっていないから言っちゃダメって言っていたのですが、(言っちゃうけど)
秋にアジアでライブをする?かもと。

7.No Doubt

8.地球生まれの宇宙人

MC
CHAGEさんのトーク。

9.Here & There

10.crossroad 〜いまを生きる僕を〜
CHAGE攻めにあってる感じ。
あ〜、もう幸せです。

11.熱い想い
ASKAさん、やっぱりすごい。
またまた会場中が、涙です。

12.PRIDE
ピアノの前奏が流れたとたん、会場が拍手。それだけ指示されている曲なのですね。
もうちょっとテンポ遅い方が好きです。
さらに涙です。

このあたりは、DOUBLEってことでCHAGEコーナー、ASKAコーナーだったんですね。

MC
Cさん「今までライブに行ったという証拠がなかったので、みんなで記念撮影をしましょう」
と、セッティング。
ASKAさんは、いつも動くので、ブレてしまうとCHAGEさん。
Cさん「丸亀署の者ですが」って、警察が来たら事務所に連絡してください。だそうです(笑)
CHAGEさんは、「丸亀」が気に入ったらしく、何度も言っていました。
かわいい。

13.明け方の君

14.Wasting Time
MULTI MAXを思い出したり。
かっこいいCHAGEさんです。

15.夢の番人

16.GUYS
ライブで聞くのは初めてかなぁ?
盛り上がりますね。

17.Sea of Gray
非常にテンポの難しい曲ですね。

18.YAH YAH YAH
はい、もう言うことありません!

19.can do now
大好きな曲です。
どっぷりと二人の世界にはまってました。

ASKAさんが、しきりに耳をさわっていたのでそれが気になりました。
音が聞こえづらかったのかなぁ?

20.Man and Woman
きっとラストの曲だろうと思っていました。
みなさん、ASKA固めです。

エンディングムービー
このサプライズは感動!
クレジットのバックミュージックが、生のSAY YES。スクリーンの後ろで、二人が歌っているのです。
21.SAY YES
そして、お二人の写真とか、さっき撮った証拠写真とか流れます。
CHAGEさんは高松空港、たぶん三越の前、海が見えるところの写真。ASKAさんは、楽屋入りの写真とか、リハーサルの写真とか。
楽しい時間でした。

20時40分、終了。



更新履歴--
平成19年4月28日(日)ver.1
平成19年5月3日(木)ver.2


Point Green Live 2006
平成18年12月23日(土・祝) 国立代々木競技場 第一体育館 START17:00

代々木
(携帯のカメラが壊れてて、会社支給のPHSにて撮影(笑))
ライブ前−−−

初、代々木です!
原宿駅から徒歩・・・。なんか、普通とは違う街のイメージですね。
歩道橋を渡ると、映像などでよく見ていた、不思議な形の建物が見えてきました。
おぉ、これが代々木体育館なのね〜〜〜。
15時30分くらいに到着。そこそこに人が集まっていました。
グッツ等の販売はなく(岡本真夜さんのサイトみてたら、販売されていたようです)、ファンクラブ入会受付やCD販売、もったいないキャンペーン?のテントなどがありました。

開場は16時なのに、入れたのは16時30分。ちょっと寒かった・・・。
席は、北の1階、Eブロック。ステージの右側のスタンドで、前後の位置的にはちょうど真ん中くらいでした。


(曲順やMCについて、順序が異なる場合があるかもしれません・・・ご了承ください。)


ライブ−−−

17時15分頃、スタートしました。

チャゲアスライブが始まるときのような、チャイムが鳴りました。

まずは、 スクリーンがおりてきて、ケニアのワンガリ・マータイさんという方のコメントがありました。この日のために撮影されたそうです。マータイさんは、日本で「MOTTAINAI」という言葉に感動され、合い言葉として世界中で伝えていらっしゃるそうです。

つぎに、各アーティストからのコメント。
CHAGEandASKAさん、徳永英明さん、岡本真夜さんの順でした。

そして、地球温暖化に関する映像とともに、ASKAさんのナレーション。

スクリーンがあがり、「こんばんは〜」と、岡本真夜さんの登場です。
岡本真夜さんステージ
1.Power of LOVE!
明るい感じの、元気が出る音楽でした。

2.TOMORROW
知っている曲が聴けると、本人だぁ〜と改めて感じてしまいました。
有名な曲ですね〜。

MC
ピアノ位置に移動してのお話。(だったかなぁ・・・)

3.Alone
とってもいい曲。
めっちゃ感動してしまいました。高い声が、開場中に抜けていく感じで。

MC
「真夜ちゃ〜ん」という声が聞こえていました。
Aloneという曲は、いまでも歌うときに、作った頃のことを思い出されるそうです。

4.同窓会〜Dear My Friends〜

MC

5.ぬくもり
6.足音
7.White Christmas


MC

8.あなただけに贈るLove song

MC
さいごに〜みたいな流れで、岡本さんがチャゲアスを呼びます!!!
きゃ〜!!!チャゲアス登場ですよ。

9.MOONLIGHT BLUES 岡本真夜さんとCHAGEandASKAで!!
曲選びが、渋いよ。
岡本さんは、むかしカラオケで歌っていたそうです。
歌い出す前、ASKAさんは「君が代」といってました。
久しぶりの「CHAGEandASKA」ですよ。やっぱりふたりがいい(はぁと)
ギター持たずに、マイクだけ持ってその場で歌っているCHAGEさんが、なんとなく手持ちぶさたっぽく見えましたよ。

歌が終わったら、いったん暗くなって、セッティングなどになりました。

徳永英明さんステージ
暗いステージに、ご本人が歩いていらっしゃったのかな?
「きゃー」っという声で、気づきました。みなさん目がいいですね。。。

1.SAY YES
なんと、徳永さんが・・・!!!
すごくびっくりで、開場中も「きゃー」「おぉー」っと。
すてきでしたよ〜。
もちろん、「SAY YES」部分は大合唱です。

2.Rainy Blue

MC
なんと、CHAGEandASKAに内緒で練習されたそうです。
なので、「うまくできたでしょうか・・・」と会場に聞かれていました。

ピアノとギターのアコースティックバージョンということで、3人でのステージ。
これもまた、すてきですね。

3.輝きながら
うわーうわー。
小学生の頃かな、なつかし〜。そのころファンだったのです。
ちょっと幼い感じのお顔に惚れていました。

4.壊れかけのRadio
うわーうわーうわー。

MC
「徳さん〜」とか「ひであき〜♂」との声援。
なんか、他のアーティストさんのライブにあまり行かないので、新鮮。

5.雪の華
中島美嘉さんの曲?

6.happiness

7.君の青

MC
先輩を呼びましょうと、「九州男児(なんとかっていってらしたと思います。)CHAGEandASKA」って言って、ちょっと間が開いて「さん」とつけていました。おかしかった(笑)

二人が登場して、ちょっとトーク。
「あの曲」しかないでしょう・・・

8.心のボール
これまた、初めてライブで聞きました!!!
いい曲は、いつ聞いてもいいですね。

徳永さんは、バックしながらステージから降りて行かれました。おちゃめな方ですね。
Cさんが「ちょっと待って。すぐもどるから」とステージを降りられました。

また暗くなり、セッティングなどになりました。

いよいよ、CHAGEandASKA登場!!
なんか、ほとんどがチャゲアスファンだったんでしょうかね?
一気に盛り上がります。

CHAGEandASKAさんステージ

1.THE TIME
もう、会場総立ちのノリノリです。

2.SOME DAY
CHAGEさんの声は、ますます艶やかになっているようです。

MC

3.めぐり逢い
曲の最初の方は、ASKAさんひとりのギター音だったと思われます。
すてきだぁ。私も、ひとりで弾けるようになりたい・・・・・。

MC
Cさん「どうぞ座ってください。ふくらはぎが気になって曲に集中できない・・・」とかおっしゃってました。
笑わせてくれます。

4.Here & There
まだ試聴してなかったもんね〜。
CHAGEさんも、本邦初公開とおっしゃってました。

5.ripple ring
two-fiveのバージョンでした。

6.Love Song

全て歌わずに、次の曲へ・・・

7.HEART
あ〜、もう体が盛り上がって来ちゃって大変です。
マイクをぐるぐる、ASKAさんもノリノリに?

MC
Aさん「僕たちは同じ船に乗っています。」
Aさん「船長はCHAGE・・・」と間があって「の隣にいる僕」
のあとに何かいってたな?と思ったら、指を指される方向にライトが!
サプライズですね!
なんと、安倍晋三総理が!!!
会場、「わーっ」となり、総理は立ち上がって手を振っていました。

8.YAH YAH YAH
勢いに乗って、この曲。
何度聞いてもいいですね。
総理をちらっとみてみましたが、最初は手拍子されていましたが、ちょっとだけ拳をあげていたみたい。(目が悪いので、はっきりとはしませんが・・・。)
久しぶりのYAH YAH YAHで、翌日は背中が筋肉痛です(>_<)

9.太陽と埃の中で
STAMPのバージョンでした。

MC
ASKAさんの語り。
私なりの解釈は、いまを大事にしていくことは、「未来の自分のため」ということかな。

10.Man and Woman
こちらもまだ聞いたことがなかったので。

MC
Cさん「おわり」って。会場から「え〜」っと。
Aさん「アンコールするでしょう」とそのまま、アンコールへ。
Cさん「帰りに歌いたく(聞きたく?)なる曲・・・」「メリークリスマス!」

アンコール
世界にMerry X'mas

このあと、温暖化関連と今のライブの映像が流れました。
赤い地球が、また青を取り戻していきます・・・。

20時30分ごろ、終わりました。

その他−−−
代々木って、音が悪いのですかね?なんか、トークとか歌詞とかいまいち聞こえませんでした。ハウリングもあったし・・・。

# 岡本真夜さんのオフィシャルサイトに、チャゲアスと撮影された画像がアップされていますよ。

来年からのコンサートツアーが楽しみです♪

平成18年12月25日(月) ひとまずup



My Game is ASKA Concert Tour 05 >> 06
平成18年2月9日(木) 福岡サンパレス START18:30

ライブ前−−−

2回目のライブですが、前回はスタートから見られなかったので、私にとっては初めてのライブといっても過言ではない!
久しぶりのサンパレスです。
いまや、ツアートラックを背景に写真を撮るのがあたりまえになっているようで、サンパレスの玄関前に1台だけ止めてありました。みなさん、ぱしゃぱしゃ。わたしも。
今回のチケットはぴあで購入。一人だったので、2階席の両端にある1人用の席でした。広くて、穴場な席かも。ステージもわりと近く感じました。位置的には1階席の真ん中より少し後ろな感じです。

6時30分過ぎてもなかなか始まらないライブ。胸の高鳴りと、それにともなってだんだん息苦しくなってくる私。このワクワク・ドキドキ感、ASKAさんに伝わらないかなぁって、ずっと思っていました。
そして、45分過ぎ、スタートです。


(曲順やMCについて、順序が異なる場合があるかもしれません・・・ご了承ください。)


ライブ−−−

会場内のライトが落ちないまま、音楽が流れはじめました。こういう始まり方もいいなと感じました。新鮮でした。
そしてライトが消え、ピアノが流れはじめます。センターのライトがASKAさんの位置を輝かせ、マイクが静かにたたずんでいます。
そして、ASKAさんの登場。
今日は白いシャツだぁ。

1.君が愛を語れ
幕がさがったまま、ASKAさんが歌います。何とも言えない感動。
ASKAさんのほうからは、客席は見えているのかなぁ?と思ったり。曲の途中で、幕が上がります。

2.birth
聞きたかった!この曲。うれしかったな。
前回は、なんせ遅刻ですから(;^_^A
サビのメロディが好きです。

3.はるかな国から
ぱらぱらとスタンディングへ。
birthから立ちたい気分ではあるのだが、そんな流れになってしまっているみたい。

4. 風の引力
ふと気づくと、ASKAさんの大きな影が会場に映り込んでいました。その影に、客席が包まれているみたいな感じ。まるで、ASKAさんの胸の中にいるような。
それをおもって、勝手に幸せ気分。(キモイ?)

MC
お客さん「ASKA〜♪」、「ASKA〜♂」
ASKAさん「はーい、聞こえてるよ」
で、はじまりました。
Aさん「座りましょう」
と、着席。
Aさん「ばらばらに立ってくれて、ありがとう(笑)うん、芸術みたいだったよ」
立つタイミング、難しいですよ。

ツアーやってきたけど、「ここだ」っていうところがないみたい。
とにかく、気持ち良くなろう!ってお話。

それで、次の曲へ。
Aさん「気持ちいい感じで作ったんだけど、これが批判あびて」
Aさん「ぜんぜんわからない(`_´) って言われました」
へぇ〜、そうなんだ。たしかに、最初のフレーズは傷つく(笑)。
Aさん「君が家に帰ったときにって曲なんですけどね。サブタイトルを付けます。」
Aさん「君が家に帰ったときに〜診療所〜」
お客さん「笑」
お客さんの反応を見て、いじいじしてたASKAさん。かわいい♪

5. きみが家に帰ったときに
歌詞をじっくり聴いてみました 。

6.In My Circle

君が好きだった歌を1フレーズ。「いろんな人が若すぎるって言ったんだ・・・」
7.背中で聞こえるユーモレスク

MC
背中で聞こえるユーモレスクのメロディーを口ずさむASKAさん。
(わたしには、最初が「♪雨雨ふれふれ〜」に聞こえるメロディー。)
それにあわせて、会場が手拍子をすると。
「いや、そんなコーナーじゃないから」とASKAさん。
Aさん「この曲ね、僕にとっては『老人の曲』」
小学生になる前に、昼メロを見ていたそうです。それで、おじいさんとおばあさんが手をつないでいて・・・というようなお話。

それから、老人というのが何歳から言うのか分からないなと。
レコーディングに参加してもらった方、ベース?の方は70歳くらいの方だそうです。

ここで、話が前後したらしく、考えるASKAさん。

人の縁の話へ。
ASKAさんと松本晃彦さんとマニピュレーターの方と飲みに行ったときに、話がつながっていったそうです。
ASKAさんの話し方が、そのママさんみたいになってて、自分でつっこみ入れていたASKAさん。かわいい。
Aさん「ちょっと女の人みたいになってるね。」
お客さん「笑」
会場がそんなに驚かないと、Aさんは「お客さん、この話お嫌い?」と女性っぽく。
おもしろい!
この縁で、70歳を超えていらっしゃるというベースの方とクラリネットでレコーディングをされたようです。ASKAさんにとって、ウッドベースとクラリネットのセッションがたまらなかったそうです。

8.愛温計
気持ちよくなっていく自分を感じました。

9.good time
声と息が混じり合っているのが、たまらないです。

MC
マイクを持って、ステージの前の方に出てきたASKAさん。
Aさん「一昨年だったかなぁ、このあたりなんだよね。何か見える?チョークついてない?」
最初はなんのことか分からなかったのですが、ここで「僕はこの瞳で嘘をつく」を歌われたときに、転んだ話のようで。そういえば、そんなこと聞いたなと思い出しました。
ついやりたくなって、リハーサルでスピーカー?に手をついて、バック転みたいなのされたそうです。「本番はだめですよ」って言われたんだけどね。とASKAさん。
で、本番でやっちゃったらしい。
Aさん 「手をつくところにキャスターがついてて。」空中で一人になった、というような事をおっしゃっていました。
Aさん「その後、CHAGEがドライバー持っていたって話。・・・。を勝手に作ってるんだけどね」
お客さん「笑」
それで、ずーっと肩が痛いなと思っていらっしゃったそうです。
それを聞いて会場は、「えー」と不安げ。
Aさん「この時期になるとね、おかしくなるのよ。頭じゃないよ」
お客さん「(大爆笑)」

そして、「香港整体」とやらに行ったというお話へ。
お友達の紹介だそうです。
最初は、顔のゆがみを治してくれたそうで、ASKAさんが身振り手振りで教えてくれます。ひとつひとつの動作が、なんかかわいいんですよね。(顔の)上からと下から「びよよ〜ん」とされましたと。
それで、痛いところはないかと聞かれて、「ある。あるよあるよ。」とその肩を診てもらったそうです。
ぜんぜん痛くなく、あれ?って治ったと。
それで会場が「え〜?(と信じていないような声で)」というと、ASKAさんが、「信じようよ」。
Aさん「それから、股関節脱臼があったのよ」
お客さん「え〜〜〜?(知らなかった。そうなの。みたいな反応)」
この反応にASKAさんはギターで顔を隠しているような感じに。
Aさん「22・3年前かな。そういうこといしておこう。クリスタルキングと野球してて」で脱臼したそうです。歩いているときにいきなり「ぐきっ」とかなっていたとも。これまた信じないお客さん。
その治療の様子をASKAさんが真似されるんですが、カンフーみたいなポーズを。
お客さん笑いまくり。
Aさん「大げさにしてると思っているでしょう?ちょっとね。」と、指で「ちょっと」を表現。
これまた、びしっと治してもらったそうで。お客さんが、またまた「え〜〜〜〜。」と。
Aさん「信じた方がいいって。信じようよ。」
この話を結構長くされて、Aさん「宣伝してるわけじゃないよ。お金もらってないからね」と。今日のMCは絶好調。おもしろすぎでした。

そして、シンフォニックコンサートの話をちょっと。
Aさん「今度はCHAGEと・・・」とシンフォニックコンサートかと思いきや、「今度はCHAGEと・・・香港整体を」
シンフォニックコンサートでもこの曲をしましたと、GIRLへ。

10.GIRL
かっこいいです。何度聞いてもいいです。

11.同じ時代を


12.月が近づけば少しはましだろう
言葉になりません。
1階の方を見ると、泣いているかたが結構いらっしゃったように思いました。ハンカチで涙をふいているような仕草がたくさん見られました。
ASKAさんには、見えているのかなぁ。

メンバー紹介

13.you&me

14.共謀者
スタンディングへ。
しびれます。

15.花は咲いたか
ライブによって、CDとテンポが全く変わりますね。
テンポってすごく大事なんだなって感じました。

16.Now
気持ちよいです。

17.loop

18.晴天を誉めるなら夕暮れを待て
あらためていい席だなと思いました。
だって、広いから周りを気にせず飛べました(笑)

19.Next Door
なんか、だんだんライブの終わりに近づいてきたな・・・とか一人で思い・・・。
サビの声が、ぞくぞくっとしました。

散文詩

20.心に花の咲く方へ


21.抱き合いし恋人



アンコール−−−

ひとりでステージに出てきたASKAさん。そのままステージの右手にはけちゃって。
お客さん「え〜〜〜〜〜!!!!!!」
と、ASKAさんがまた登場。おちゃめです。

今日のお客さんはきれいな人が多いね〜と
22.君は薔薇より美しい
ASKAさんやSHUUBIさんやいちきさんの、「変わった〜♪」のところのペンギンみたいに手を腰の下にもってきてぷるぷる振っている姿が、とってもかわいかったです。

23.Cry
「風吹いてる」でしたっけ?それも歌ってほしいなぁ。と思いました。

24.はじまりはいつも雨
この曲に入る前、よくお遊戯会で礼をするときのピアノで「ちゃ〜ん、ちゃ〜ん、ちゃ〜ん」ってあるじゃないですか。(これじゃわかんないですね)それをしてから、ピアノが「はじまり〜」へとつながっていきました。演出がおもしろいですね。


ASKAさんのお辞儀の仕方は、いつか真似したい。
3時間弱のライブでした。
今回も会場の端の方へもきてくださって、2階のほうも見上げて手を振ってくださいました。自分の姿、きっとASKAさんに見えたに違いないと、また、自分勝手に思うのでした。


平成18年2月11日(土) up



My Game is ASKA Concert Tour 05 >> 06
平成18年1月12日(木) 倉敷市民会館 START18:30

ライブ前−−−
初、ライブ遅刻(・_・、)  ありえない〜〜〜〜〜〜。
仕事の都合で、1時間ほど遅れてしまいました。今回のツアーは初参加だったし、ファンクラブでゲットしたチケットだったので、とても残念でした。
1階の11列でした。

(曲順やMCについて、順序が異なる場合があるかもしれません・・・ご了承ください。)


ライブ−−− (途中参加なので・・・)

・・・

背中で聞こえるユーモレスク

この曲の途中で会場に入りました。会場内は、ムーディーな感じ。
ASKAさんが歌ってるよ〜〜〜♪ スーツに黒いシャツで、かっこよすぎ。

MC
ASKAさん「隣の人起こしてください。」
の言葉で、会場笑い。
ASKAさんは、スタートから4〜5曲バラードが続いたコンサートで記憶がないらしく、椅子から落ちそうになって(?)、椅子をばんっ!ってたたきながら起きたらしいです。
シンフォニックコンサートの時も、似たようなお話がありました。

愛温計

ASKAさんの声、絶好調でした。
心地よいメロディーとASKAさんのしっとりとした歌い方が、心に残りました。

good time


MC
シンフォニックコンサートのお話はここだったかな・・・。それとも、ひとつ前のMCだったかも・・・。
記憶が曖昧ですみません〜〜〜。
向かっていくところはひとつなんだ
という感じの話。
オーケストラの73人(だったかな)と自分がひとつになった瞬間を感じることができるって。
私も吹奏楽やっていたから、その「ひとつになった」っていう感覚がよく分かります。

「愛おしい」というお話。
みんなが愛おしいって。だから、みんなも愛おしいと思ってみたいな。
ファンはみんなASKAさんのこと愛おしいと思ってますよ。

GIRL
古川さんのギター最高。
この曲も大好きな曲です。

同じ時代を
歌詞がとってもいいですよね。
この曲を聴くと、ASKAさんたちと同じ時代に生まれてきてよかったぁって、思います。

月が近づけば少しはましだろう
前奏から、こみあげてくるものがありました。
歌が入ると、もっともっと感動しました。 声がずーっと遠くまで伸びていきます。
ここまで歌い上げることができるっていうのは、すごい。

メンバー紹介

you&me
女性ボーカルが変わると、また全然違う曲になりますね。
わたしも歌ってみたい(笑)

共謀者
自然と体が動き出します。
かっこいい曲だと思っています。

花は咲いたか
立ったときに、目線がちょうどASKAさんの目線くらいの高さに!なっていたことに気づく。
いや〜ん(笑)厚底の靴にしておいて良かった。
アルバム、kicksは良いなぁ。

Now
バラードもいいですが、こういうロック調?もかっこいいですよね。

loop

晴天を誉めるなら夕暮れを待て
ASKAさんの動きにあわせて、とびはねていました。ASKAさんも、バンドメンバーさんも、楽しそう!

Next Door
なんか、だんだんライブの終わりに近づいてきたな・・・とか一人で思い・・・。
サビの声が、ぞくぞくっとしました。

散文詩

心に花の咲く方へ
香川公演で、ASKAさんが泣いたらしいです。
アルバムバージョン、ピアノが素敵ですよね。ASKAさんの思いなどが一つひとつの歌に注がれているなって本当に思いました。

抱き合いし恋人
あっという間の時間でした。
CDで初めて聞いたときは、曲のスタイルにちょっとびっくりしたけど、ASKAさんの歌い方が好き〜。


アンコール−−−

「退場の仕方がわざとらしくて、ごめんね。わからなくて。」とASKAさんとバンドメンバー登場。

君は薔薇より美しい
「いい曲でしょ〜」とASKAさん。うん、なんか、楽しい曲でした。
後で調べたら、布施さんの曲?

Cry
ASKAさんが提供した曲。
ASKAさんが歌うと、また全然違っていい感じでした。

はじまりはいつも雨
歌い出し方がとてもかわいかったです。「何か忘れてない?」とかってASKAさんが言って、歌い出す感じでした。


最後の挨拶の時、ステージの端っこのほうにまで来てくださって、めちゃめちゃ近くにASKAさんを見ることができました。ホールは、これだからいいよね〜。3〜5メートルくらいだと思います。舞い上がって、あんまりASKAさんの顔をみられなくて・・・。髪の毛が一本一本よく見えたのは、鮮明に覚えてます(笑)。


平成18年1月15日(日) up



CHAGE博 2005 〜タイムマシンにおねがい
平成17年10月22日(土)  Zepp大阪 START19:00

ライブ前−−−
ファンクラブのイベントに参加するのは、たぶん初めてじゃないでしょうか。
ライブハウスも初めての経験で、ちょっとドキドキ。
会場に着いて、席の指定を受けます。Fブロック。どうなんだろ〜。後ろの方かなぁと、ちょっと残念気味に。グッツの販売をしていたので、早速購入。今回はパンフレットとライト付きキーホルダーを。
並んでいる列へ行くと、もうたくさんの人。あぁ、もっと早く行けばよかったと後悔。それにしても、川沿いに並んでいましたので、寒い寒い。この日あたりから急に冷え込むようになったようで、本当に寒かったです。開場の時間もおしていました。
会場へ入ると、おぉ、前から2ブロック目じゃん!前の方はすでに並ばれていたので、より真ん中へ行きました。目の前にCHAGEさんのマイク。これって、きっと目が合うよねと勝手に期待しつつ、スタートを待ちました。

(曲順やMCについて、順序が異なる場合があるかもしれません・・・ご了承ください。)


ライブ−−−

アナウンス・・・

「ピンポンパンポォ〜ン」。え?人の声ですけど。と驚いているのもつかの間、もっと笑えるアナウンスが。
「CHAGE博 2005 タイムマシンに お・ね・が・い(はぁと)」
と、色っぽい声が。これはいったい誰だったんだ?
つづけて、
「会場内への・・・体重計、レイザーラモンHGの持ち込みは、かたくかたくかた〜く禁止しております」
で大爆笑。そして、携帯電話の電源を切るように言ったかと思うと、
「ちょっとあんた!・・・電源切れって言ったやん」
というような、大阪弁できれまくってました。(笑)

メンバーさんがスタンバイし、 テーブルなどをセッティング。
いよいよスタートです。

オープニング
オールナイトニッポンの音楽に合わせて、スタート!
CHAGEさんの登場で、会場が一気にヒートアップです。
ヘッドフォンをして、ラジオ番組をやっているようなイメージを作り上げます。
「こんばんは。深夜1時を回りました・・・。」
ラジオ番組をやっていて、今日は外へ飛び出してZeppからお送りしていますというようなシチュエーションなのです。すごいなぁ。
昔を思い出します。
1993年10月22日。ミッドナイトin大阪。

1.タイムマシンにお願い サディスティック・ミカ・バンド
タイトルぴったりの曲ですね。

2.Mr.Liverpool MULTI MAX
MULTI MAXの曲だ〜〜〜!
曲調がとっても好きです。

3.BOMBER 山下達郎
すごいな、今日のライブは。
いろんなアーティストの曲も生演奏で、こんな公開放送があったらすごいなぁ。

ラジオ番組でよくある、CMに入る前とかに短い曲が流れますが、そういうところまでしっかり凝ってありました。「C・H・A・G・E〜♪ CHAGE博2005・・・」と流れていたと思います。

MC
アシスタントの人による、コマーシャルです。
グッツの紹介でした。
わたしも応募しようかなあと思っていたのですが、同じステージにあがれるとは。なんともうらやましい。

1993年、12年前の紹介ということで、当時の携帯電話の写真が。
おぉ、でかいね。
時代の進化を感じ、歳取ったなぁと振り返る自分・・・。
Cさん「時間軸がおかしいことがあるかもしれないけれど、落ち着いて考えるな!」
と。「落ち着くんなら餅をつけ」
それから、Cさんとお客さんの掛け合いが。
Cさん「落ち着くんなら」
お客さん「餅をつけ!」
Cさん「焼き肉やいても」
お客さん「家やくな!」
大笑いです!!!

4.氷の世界 井上陽水

5.黄金の月 スガシカオ

# 各曲、誰のリクエストだとか、コメントを紹介していました。

MC
アシスタントさんによる、コマーシャル。今度は、キーホルダーの紹介でした。

そして、CHAGE空耳のコーナーへ。
「CHAGE」と呼ばれている曲を澤近さんやご本人が探していらっしゃったそう。
「誰かに呼ばれた気がした」と、two-fiveのときのムービーのように言われて、かっこよかったです。
トーク中はよく、「深夜だもんな。いいよな?」と言ってました。

悩み相談もありました。
「最近アンガールズの山根さんが、大久保さんに見えて仕方ない」というような投稿があり、CHAGEさん大ウケ。確かに似てるかも。こういう投稿出す方って、CHAGEさんの笑いのツボとかおさえてそうだなぁ。

そして、次の曲へ。
最近ハワイにはまっているとのことで、ウクレレを手に。
「夏夏夏〜」と、 ふたりの愛ランドを軽く歌ってくれました。

6 .Ka Nohona Pili Kai Keali'i Reichel
涙そうそうのハワイ語バージョン?ウクレレって素敵だなと感じました。CHAGEさんの声もぴったりはまってました。スクリーンに写真が映し出されていました。

7. 遠い街から MULTI MAX
この曲は、むちゃくちゃ好き。ほんと、ジーンときました。

MC

つづく・・・







[ top ]


オリジナルサイト:yukari-park.net(旅行やCHAGEandASKAさんに関するページ)



(c)yukari-park.net